楽屋入口  舞台演目  お客様ロビー  OZUの謡uta   ←クリック

           お知らせ   福島原発震災民の為に     座長OZUのポスター(工事中)

                  
            座長の芝居ブログ (←クリック H22/09開設)も御覧下さい。

Copyright(c)2010ozuyasu

  
         開演中  上の「舞台演目」をクリックすると、舞台が開きます 

    サロメ〜なヤクザ・都鳥 H24/04
      広沢虎造の浪曲「石松の最後」を意外な展開で!?
 
     寛延戸塚・平成矢祭騒動   H22/5 
      奥州南郷の寛延農民騒動と平成の「矢祭町」自治運動、田沼意次の改革を描く。
  
       佐野乱面手打白粉   H22/8
         醜さゆえに弄ばれる佐野の男は「秋葉原無差別殺人事件」を起こす。
    
         老ヤクザ・大平山の決闘 H22/12 
           「栃木リンチ殺人事件」を題材に、ヤクニン共のズサン扱いを復讐劇で描く。
 
      制作中・中断中の芝居    

   毛沢東は、次郎長の生れ変り
        A:中国の母は東方の輝きを求めた     B:放校四回と「間接的強姦」
             C:司馬遼太郎が誤った日本人論     D:我こそ最優先の人生訓
        E:二人とも28年目に2度目の結婚      F:・・・

   管枝直亮の不始末
          水戸天狗党150年祭・記念予定3作品を改変して・・・制作中
                  
OZAWA天狗党始末  座長芝居ノートを公開中←クリック 
             真夏の桜田門
      座長芝居ノートを公開中←クリック
             2X515事件=1015事件
 座長芝居ノートを公開中←クリック
   
      
     天狗党・八溝遺聞 
          (現在、福島原発被災の余波で大混乱・・中断中です )

          奥州白川郡 真名畑部落 過激派・田中源蔵の捕縛の地 (写真 左)


  

   南郷地区を南北に流れる久慈川を跨いで・・
    福島原発送電線が真名畑部落の山々(奥)をテンテンと跨いで
       東京へ高圧電流を送っていたノダが・・・(写真 右)

    今は  原発カカシ←クリック(OZUの謡uta)となった。
      
          

    福島震災支援   座長の故郷FUKUSIMAが、原発汚染被災で困ってます。
                        そこで、下記の支援ページを創りました。

         と〜電RUN ・・・ 荒川区都電と併走する被災者支援のランニング運動です。



 お知らせ

 H23/05から・・・・・・・ H22/05からの1年分は道具部屋にコチラ←クリック

 
   H23/09/07 座長が故郷FUKUSHIMAへ帰った時の写真を加えました。
              蝦夷エミシの陶淵明「帰リナン、イザ、奥州荒レナントス」の心境でした。
   H23/08/18 座長が勝手に「水戸天狗党150祭」記念・予定三部作として、
              「OZAWA天狗党」・「真夏の桜田門」・「2x515事件=1015事件」 としました。
              「1015事件」座長が門外漢である経済問題=日本国債暴落のブログ芝居です。
   H23/07/29 管首相の政権執着が二年延長となり、OZAWA天狗党の芝居構想を変更します。
              恐ろしい話ですが、水戸モノが起こした五一五事件を組み入れました。
   H23/06/22 お調子者の座長は、「清水次郎長」の実録芝居を考えてます。
              ネタ本は、佐橋法龍著の「次郎長伝ー博徒の虚像と実像」 で興奮させられた内容です。

   H23/06/12 OZAWA天狗党の芝居に番外編の芝居をブログ形式で始めました。
              題名は「真夏の桜田門」ですが、主役は水戸浪士でなく、会津のケネデイです。
   H23/06/01 OZUの謡uta「日本3大公害病」に原発汚染を加えて「日本4大公害病」とします。
   H23/06/01 当スバル座も無事に1年間、開演出来ました。
               昨年は「水戸天狗党」が主となったようですが・・・今年は東日本震災からの復興も
               テーマに加えました。

大衆芝居劇場

桐生
スバル*座

当劇場では 吉本漫才・タレント雑芸は演じません。